日々のできごと

天然石の万華鏡作りと瞑想的感覚

更新日:

こんばんは、LEMLALISのKaoriです。今日は、オラクルカードの会社として有名なヴィジョナリー・カンパニーさんが主催する「祈りの万華鏡」という講座に参加しました。実際に万華鏡を作る講座です。講師は万華鏡作家の小林綾花さん。「偉大な哲学的玩具」ともいわれている万華鏡。今夜は、この万華鏡の講座を通して体験した「瞑想的感覚」についてお話ししたいと思います。

私はこの講座に参加する以前に、小林綾花さんが製作された万華鏡の美しい幾何学模様の写真を見たことがありました。しかし、実際に製作された万華鏡を覗いてみると、写真で見るのとは全く違った感覚が呼び起こされたました。

綾花さんの万華鏡は、正確に角度を取って組まれた鏡の中を、透明なオイルの中に浮かぶ色とりどりの天然石がゆったりとした動きで変化し、その様子が鮮やかな幾何学模様として現れ続けます。この風景が本当に美しく、この万華鏡の本来の美しさは、その次々に変化する「動的な美しさ」の中にあることを、体感として知りました。

そのまま万華鏡を見ていると、眼前で繰り広げられる「えもいわれぬ世界」から目が離せなくなります。そうしてただ静かに万華鏡を眺めていると、何も考えられなくなっていることに気づきました。どうも、この万華鏡には「思考を止める」効果もあるようです。おもしろい。

私はこの万華鏡を眺めているときに得られる感覚に「瞑想的感覚」という名前をつけました。それは、大げさなものではないのですが、静かな感動があり、日常へと簡単に切り替えることができる感覚です。

製作過程はそれなりに大変でした。でもそのプロセスは、自分で作った万華鏡を覗くまでの重要なプロセスだったと思えます。製作の苦労と覗いた時の感動は、どこか知らないところへ旅に出たときに得られる感覚に似ていました。今日の講座は、やっぱり体感が大事だと確認できた講座でした。明日から、この万華鏡を持ち歩き、事あるごとに覗いてみようと思っています。

 これを読んでいる方も、ぜひ何か体感できる機会を作ってみると良いかもしれませんね。もちろん、この万華鏡講座もおすすめです。万華鏡講座が気になる方は、5月にヴィジョナリー・カンパニーさんで講座を予定しているようなので、ぜひチェックしてみてください。

-日々のできごと

Copyright© リトリートスペース LEMLARIS , 2018 AllRights Reserved.